競走馬カルテ

2・3歳重賞の出走馬を分析・記録していくブログです。

きさらぎ賞(GⅢ) 出走馬カルテ

 

こんにちは。

 

年明けの3歳重賞はシンザン記念が7頭で枠連が成立せず、京成杯も9頭の少頭数。きさらぎ賞も最終登録前に把握出来たのは8頭。これでも2週前の段階からだいぶ増えた数です。でも、他のレースと両睨みしている馬もいますのでさらに減るかもしれません。最終的にゲートに何頭の馬が集まるのやら。きさらぎ賞は例年少頭数で行われる事が多いのですが、やはり次週に共同通信杯が行われるのが大きいですね。本当に強い馬はそちらに回るのが普通ですのできさらぎ賞に質量が整わないのも仕方ないのかもしれません。

 

そして、メンバー構成も微妙な感じです。2勝馬が2頭いるので質的には良い方だと思うのですけど、ダートの未勝利を勝ち上がった馬が2頭もいますし、牝馬の出走もあるようです。クオリティの面でも物足りない感じが否めません。しかし、だからと言って適当に買えば当たるレースでもないかもしれません。少頭数の割に1番人気の成績は微妙な感じで【2・2・2・4】と馬券に絡まない事も少なくないからです。頭数が揃わない事が殆どですから二桁人気の激走はありませんけど、6馬人気以下の伏兵が3勝2着1回3着3回とまぁまぁ頑張っています。

 

ルージュバックが勝った15年(三連複420円)、サトノダイヤモンドが勝った16年(三連複430円)、ラーゴムが勝った21年(三連複670円)の様にガッチガチに決まってしまうレースでもありますが、伏兵も好走しやすいレースでもあるのです。物足りないレースであっても馬券的な妙味は追及すべきかもしれません。

 

きさらぎ賞は5(日)に行われます。前日の4日(土)には更新を完了します。

 

予想案はページの最下部にある専用ページにまとめてあります。ブログカードを貼っておきますのでそちらをご覧ください。

 

オープンファイア

 

中京2000Mで新馬勝ちし、アイビーS(府中1800m)で3着。成績は良いがまだ馬がズブくて動けていない。現状は父譲りの瞬発力だけで勝負しているに過ぎない。まず、スタートが下手で全戦で出遅れている。前進気勢がないので進んで行く力が弱い。だから常に後方追走を余儀なくされていて、直線勝負の競馬を2戦続けた。2戦とも道中追い通しなのだが、番手を前に持っていく事は出来なかった。自在性も機動力も無い。新馬戦では39.4-66.6の超スローで13秒台後半の低速ラップが3連発もしていたのに道中で動けなかった。それでもデビュー勝ちで来たのは相手がかなり弱かったからだと思う。9月初旬のレースだったので出走馬は既に2走、3走と済ませているがダートで勝ち上がった馬が1頭いるだけで、2・3着馬も含めて芝を勝ち上がれた馬はいない。数少ないディープインパクト産駒という事で話題にはなったが、現状の姿は競走馬として好ましいものではない。とにかくポジショニングが出来ないので、このままでは早晩行き詰る。前走から3ケ月経っているので発馬も改善していないとダメだし、道中の行きっぷりに自主性が出てこないとこの先の重賞戦線で厳しくなって来るだろう。でも、こういう馬だけにラストの脚には見どころがある。新馬戦の上がりは10秒台も刻まれていたので普通の馬にはさせないレースだったし、アイビーSも1頭だけ桁違いの末脚を使っている。この長所は武器になる。ここまでのレース内容だと勝ち負けは厳しい印象を受けるが、この時期の重賞ならその末脚だけで入着まで持ってこれることもありうる。この末脚を効率よく勝利に結びつけるためにも変わり身がある事が望ましい。

 

クールミラボー

 

昨年暮れにデビューして阪神ダ1800mを2戦して2着、1着。負けた新馬戦は勝ち馬が別格な感じで2馬身半の完敗だったが3着には7馬身差をつけていた。ゼロ勝クラスでは力が全然上と言う印象で2戦目であっさりと勝ち上がった。ダート馬にしては一瞬の切れ味がある印象で瞬発力の高い走りを見せている。新馬戦の7F→8Fの1F区間だけでで1.3秒も急加速して先頭に並びかけていたし、2戦目も馬群をこじ開けてから鞭一発で俊敏な反応をみせあっという間に3馬身も抜けてしまう。このキレ味は芝でも通用するかもしれない。反面、道中の追走面は弱い。常に促しながらと言う感じで推進力のない走りに見える。13秒区間の多いレースだったので、もっと楽に追走出来ていい状況。芝戦の道中で12秒台の連続ラップを持続させられるかどうかは微妙な感じ。ただ、推進力が無いのは力のいるダートだからの可能性もある。軽い芝の方が追走が楽になることもあるかもしれないのであまり決めつけられないところ。いずれにせよ、直線で良い脚を使う可能性は大いにあると思うので、離されすぎずに流れに乗れていれば入着の可能性はちょっとある。

 

ショウナンライシン

 

フリームファクシ

 

レミージュ

 

ロゼル

 

きさらぎ賞の予想案はこちら▼

 

2月の予想案

 

・このページは2月の予想案を1つのページにまとめたものです。
・新しい予想案を上から順に上書きしています。
3歳重賞はカルテを作成し、予想の提案を当ページにて行います(きさらぎ賞クイーンC共同通信杯)。
古馬重賞に関してはGⅡ競走以上のものを扱います。カルテの作成はありません。予想の提案を当ページにて行います(京都記念フェブラリーS中山記念)。

 

きさらぎ賞(GⅢ)

レース当日の12時以降に更新予定。


▼10月~1月の回収率は119.3%でした。

月毎に予想をまとめていますので参考の目安になればと思って、今後掲載していきます。資金配分まで公開するつもりはないので実際はそんな事もないんですが計算や表示方法の関係で単複も含めた全点を均一で計算すると回収率はこうなります。

 

京成杯(GⅢ) 出走馬カルテ

 

こんにちは。

 

ホープフルS組、葉牡丹賞組を中心に前走中山組が有利なレースです。この10年では【6・5・4・52】と言う成績で馬券になった半数は前走で中山コースを走っていた馬でした。ですが、今年は前走中山組は3頭しか出走がなく、うち1頭は前走がマイル戦でした。中山の中距離を走っていたのはホープフルSに出走して6着だったセブンマジシャンと9着だったシーウィザードの2頭のみになります。また、中山初出走と言う馬も結構いるので他場の経験から中山2000mの適性を推し測る必要があります。分析力や想像力が重要になって来ますので今年の京成杯は予想が難しくなりそうです。

 

ちょっと前に同じ条件でホープフルSが行われていますがここ4年はこのレースの勝ち時計に0.5秒ぐらい足すと京成杯の勝ち時計と言う感じになります。優勝馬ドゥラエレーデの走破時計は2:01.5でしたから、京成杯の勝ち馬は2分2秒前後で駆ける事になります。ただ、今年は時計が出やすい馬場になっていますのでホープフルSよりも好時計の決着があるかもしれません。例年通りの想定時計で決着するなら61秒前後のスローペースとなりますが、ホープフルSより速い決着となると前後半イーブンに近いペースかややハイペと言う事になり、後半も極端に失速しない持続性能の問われるレースとなります。土曜の競馬を参考に走破時計・ペースを想定するのが重要になってくるかもしれません。

 

京成杯は15(日)に行われます。前日の14日(土)には更新を完了します。

 

予想案はページの最下部にある専用ページにまとめてあります。ブログカードを貼っておきますのでそちらをご覧ください。

 

オメガリッチマン

 

1200m~2000mの範囲で全て違う距離のレースを使っていて、陣営も距離適性を定められない感じ。1200mからスタートしたが全然ダメで中距離へ。中距離で勝ち上がったらまたマイルへ短縮している。短距離の方が良いと考えられているのかもしれない。そうでも無ければジュニアC後に連闘で京成杯にエントリーする理由がない。中距離馬と言う評価が最初からあればジュニアCに使わずに京成杯と言うローテが普通だろう。現状はどこに適性があるかが判別としない。さすがに1200mの馬と言う感じはないので、1600m~2000mの間で弾力を持たせて解釈しておくしかない。ただ、勝った1800m戦の内容は悪くなかった。ハイペを4番手から上がり3位の走りで押し切った。地力勝負で結果を出せているので中距離がダメと言う事は少なくともないと思うが。ただ、これも2年目松本騎手の2k減が利いていた可能性はあり、その他の3戦は定量を背負って脚を使えずに負けている点で印象が良くならない。また、前進気勢も弱い馬なのでなにもしないと自然と後方からの競馬になりがち。後方から進めても機動力の無い走りで、勝負所で射程圏に持ってくる事が出来ない。その上、脚も短い。上位上がりは度々記録しているが他馬よりちょっと速いだけでその他と大して変わらないので末脚に優位性がない。後方待機を常としている割に脚を使えないのだから成績は当然悪くなる。未勝利を勝った時のように気合をつけて前付けしていかないと勝機は訪れないだろう。そもそも本当に使ってくるのだろうか?関西馬が中山で連闘だし、騎手もまだ決まっていない。少頭数だから登録してみた感じだろうか?

 

ラニット

・決め手に乏しい。末脚の性能がガラっと変わるようなら好走もあるが、失速率の大きい消耗戦で好走して来たクチでキレる脚が使えるようには見えない。

・サウジRCを大逃げして逃げ粘り2着。決めて負けする馬だし、こういう乗り方はベストかもしれない。

・大逃げ戦法は所詮奇襲でしかないが、ヨーイドンの競馬を回避出来れば良いだけなので、脚を使い切る競馬さえしていればハナにこだわるような馬ではない。

 

上記が朝日杯FS出走時のカルテ。

 

朝日杯FSで10着。戦前から逃げへの拘りは無かったがこの条件でタメてもキレ負けするだけだからと積極的なレースを陣営は想定していた。2走前のサウジRCから積極策をするようになっているがその走りも安定してきた感はある。発馬がいい馬は何頭かいたがこの馬もその1頭。内にドルチェモア、オールパルフェなど速い馬がいたのでハナは取りきれなかったが枠が逆ならこの馬が先手を取っていた可能性もあった。結局2番手で終始逃げたオールパルフェに馬体を合わせた雁行状態で行った。やはりサウジRCの様な大逃げ態勢はとれなかったようだ。厳しいレース運びだったことから1400mを通過した当たりで試合終了。後は後続の邪魔にならないようにするだけで追う事もなく沈む。さすがにGⅠでは厳しかった。3歳初戦は2000mの京成杯。マイル路線からの距離延長になるが、距離適性に関しては何とも言えない。ただ、決め手勝負を避けたいクチなので中山2000mならそう言う競馬は適う。この距離なら控えた2・3番手でも良いと思うし、スタートが良くなっているので楽にハナを取ることも出来るだろう。レースプランに幅が出るのは利点になる。距離適性が未知数なので推し切れないところだが、消耗戦で好走するタイプなので体力はあるから意外とやれるのかもしれない。マイぺで行けた時の残り目には注意したい。

 

サヴォーナ

 

前傾戦で上がりがかかる展開が得意であるよう(3着、1着)だ。逆に上がりの競馬だった新馬戦(5着)では勝負所でズブさを見せていた点が気になる。勝負所の流れが速くなると機動力に影響が出てくるかもしれない。最初から中距離を中心に使われているので距離適性に問題はないだろう。また、コーナー4つの1周条件も走り慣れているのでコースを攻略する器用さはある。ジワジワだが末脚を伸ばすことも出来ているので条件戦なら常に印がいる馬だと思う。ただ、末脚上等なタイプではないので重賞では立ち回り次第となるだろう。気性や道中の走りには気になる点が無いので、ある程度のポジションを取る事は可能なので付かず離れずで回ってきたい。それで紛れ込めればというところ。強烈な決め手を発揮して勝ち切るシーンは想像しづらい。なお、新馬戦はセブンマジシャンに、2走目はオメガリッチマンにと京成杯出走の馬に完敗の内容。また、前走も減量騎手を器用しての勝利であり、かつローカル場所で相手が弱そうなレースでもあった(2着馬が次走で大敗している)。斤量・相手関係など恵まれていた点は否めない。今回の相手関係は厳しそうである。

 

シャンパンカラー

 

新馬、ベコニア賞と府中マイルで2戦2勝の無敗馬。初戦が中位から、2戦目が逃げ切りとなっている。折り合いを欠く馬ではなさそうだが程よい前進気勢が出ていて前向きな印象を受ける。だから2戦目で行ってしまったのかなと思った。この辺は距離が伸びて気になるところ。距離が長くなると前向きな分だけ身体的なロスが生じるので後半に響いて来る。中距離を目指すならもう少しリラックスして走れる必要があるので気性的な成長は欲しい。だが、幸い2戦とも36秒台のスロぺだったのでペースその物は2000m戦でもそう変わらない。流れに戸惑う事はないと思われる。それ故に、上がりの競馬しかしていないのが今回の不安材料となるところ。後半1000mを乗り切れる持続性がまだ担保出来ていないのでここは試金石と言わざるを得ない。それ以外の走りは概ね良好。発馬は良いので序盤から良い位置を取れる。差し、逃げと良い意味で脚質が定まっていないのでどんな競馬も出来そうだ。操縦性も良さそうな印象で追い出してからの反応もとても良い。そして、末脚もしっかりとしていた。逃げ切りした前走は2番手の馬に並ばれながらゴール前でグイっと差し返しており、良い勝負根性も持っている。印象点は高得点。ただ、502kの大型馬でトビが大きく走りに雄大さがある。スケール感ある走りをするのは良いのだが、内回りで器用に走れるイメージが持ちづらい。また、同時期に行われている同条件重賞サウジRCやアルテミスSと比較すると勝ち時計が1秒ぐらい遅いのも気になるところだ。クラスは違うがいずれも1勝馬同士のレースだったのだから時計面で少々物足りない。それを証明しているかもしれないのが2戦の相手関係。新馬戦の上位馬は次走を済ませてなお勝ち上がった馬がいない。ベコニア賞2着のヒップホップソウルもフェアリーS11着と着を大きく落とした。2連勝したのは相手が弱かった可能性を考慮した方が良い気がする。良い馬という評価は出来るが、まだ未知数領域も大きい。重賞競走でどこまで評価すべきかは言いかねる。

 

シルヴァーデューク

・1800mを2戦して勝ち上がったが中距離馬としては前進気勢がやや強い。マイルへの短縮は適していると思われる。

・ゲートの出も良く、スッと好位に取り付けるスピードがある。競馬センスは高い。

・地力はそれなりに高いが末脚の航行距離がそう長くない。重賞に入るとそれが決め手不足になってしまっている。

 

上記がデイリー杯2歳S出走時のカルテ。

 

サウジRC3着からデイリー杯2歳S4着と着は下げたがタイム差は縮まっていた。瞬発力勝負ではなくラスト4Fからの持続戦になったのでこの馬向きの展開ではあった。パフォーマンスが低下したというのは無く、走りは相変わらず安定していた。ただ、決め手の無さにも変化がないのでどうしても善戦止まりになってしまう。現状はこれが弱点になっているのでこれ以上脚を使えないならマイル戦に留まる理由はもう無いのかもしれない。決め手が削がれる条件を求めた距離延長は前進のきっかけとなるのでは?新馬、未勝利で1800mを使っていたので延長そのものは特に問題にならないだろう。ただ、2走前のカルテでも触れたが中距離馬としては前進気勢が強めに出ていた。だからマイルへの短縮もプラスになると当時指摘したがあながち間違いではなかったなと近2走を見る限り思う。この距離で折り合いがスムーズだったという可能性は高い。2000mでも極端に折り合いを欠く事はないと思うが、力んで走ると最後の失速に繋がる。気性的な成長はあって欲しい。中距離をやっていたのはまだ夏だったので精神面に変化が合っても良いだろう。そうなっていれば入着はありえる。新馬戦の勝ち馬は重賞勝ちのラヴェルだし、近2走はドルチェモア・ダノンタッチダウンと2歳GⅠの1・2着馬と走り好走した。戦って来た相手はいつも上等だった。その経験値は今回のメンバーでは抜けて高い。それを生かせれば面白いところではある。

 

シルバースペード

・良馬場でも不良馬場でも同じ脚を使う馬。3走前が34.9秒(不)、2走前が34.9(良)、前走(良)が34.8秒と上がりタイムは大体いつも同じ。

・上がりがかかる展開ではどうにかなるが、上がりが速いレースでは出番はないだろう。

 

上記が東京スポーツ杯2歳S出走時のカルテ。

 

11頭立て11番人気だった東スポ杯2歳Sが6着。だからと言って好走したという感じは無くて、0.1秒差に5~8着の4頭がひしめき合ったその中にいただけ。上位とは決定的な差は出てた。とは言え、この馬としては脚が使えた方で頑張ったとは思う。今年の東スポ杯2歳Sはペースが速めに流れてラストは消耗戦となっていたので、上がりの速さが問われなかったのが要因だと思われる。それでも6着までが精一杯なのだから力不足な評価を修正する必要はない。1~3着馬と同じ後方集団から進めていたので上位との脚力の差がより鮮明になってしまった。前回も指摘したが、末脚性能が問われる府中重賞では基本的に出番はない。そう言う意味では上がりの速さが問われない中山コースは変わり身が見込める条件。34秒台までなら何とか使えるので立ち回り次第で入着の可能性は出て来る。中位、後位で控えるのがこの馬のスタンスなのだが、位置取りを覆すような圧倒的な脚力はこの馬の末脚にはない。中山でも同じ競馬をするなら厳しいままだろう。未勝利勝ちした時のように積極的な先行策をした方が良い。前に行っても同じ末脚を使えるのだからその強味を生かすべきだ。前に行ければ何かが起こる。いつも通りならどこさもない。

 

シーウィザード

・瞬時にトップスピードに乗れる馬であるようで行き脚がついてからの脚が良い。それが安定した先行力となっていて、末脚を引き出す瞬発力性能も良い。

・成績表の見栄えは良いが、全てスローの上がりの競馬でのもの。タイトな展開や持続性能に関しては担保がない。地力の問われる展開に対応出来るかは未知数。

 

上記がホープフルS出走時のカルテ。

 

前走のホープフルSが9着。レース当日はテンションが高くなっていたそうだが、確かに序盤から少し力んでいたのでそれが後半に響いたかもしれない。逃げ馬と2番手の馬がそのままワンツー決着したGⅠで3番手にいたのが本馬。2枠3番だったのでスタンド前ではラチ沿いを確保し、外から先行してきた1・2着馬に包まれるようにインポケットの絶好位を確保出来た。力がある馬がこのポジションを取れていれば勝ち負けだったろうと思うほどに超ハマっていたと思う。レース運びはいつも上手い馬だがホープフルSでもセンス抜群の走りは出来ていた。レースが動き出した3~4コーナー区間でも持ったままで前の2頭を常に射程圏に入れられていた。立ち回りは本当に上手い。が、直線に入る頃には手応えが怪しくなっている。そこまでは流れに併せる程度の追いがされていたが、急に鞍上のアクションが激しくなり、直線に向いたところで鞭が入る。それでも前との距離を維持できなくなり徐々に置かれていった。やはり序盤に行きたがっていた影響が出たのだろう。不本意なレースとなったかもしれない。地力の担保の無かった馬なので、レベルの高いGⅠで現在地がはっきりすると思っていただけに残念。評価保留となる。番付的な力関係は依然高く出来ないままだが、敗因ははっきりとしているのでホープフルSの内容は度外視にして良いと思う。久々を叩いた今回は2走目で変わり身も期待出来る。同じ条件だった前走の立ち回りも上手かったし、勝ち鞍のある条件でコース適性は高い。持ち時計のない馬だが前走程度の時計で走ればGⅢなら入着の可能性はまだある。相手弱化の分だけ巻き返しの余地もあり、落ち着いて回って来れれば無くはない。

 

セブンマジシャン

・コーナー4つの1周条件での経験値が豊富で内容も悪くない。コース適性は高そうだ。

新馬戦が2番手から上がり最速。2戦目が最後方から進めて上がり最速。真逆のレースで2勝した自在性は良い。脚質に幅があり、どんなレースも出来そうだ。

 

上記がホープフルS出走時のカルテ。

 

ホープフルSが6着。ペースはサートゥルナーリアが勝った18年に近いスロー競馬だった。その18年はインでポジションを取れていた馬が1~3着を独占したレースで、逃げ馬と2番手の馬がイッタイッタした昨年のホープフルSと同じような展開だったと言えそう。それを思うと、4コーナーでマクりをかけたこの馬の乗り方は展開に逆行していたと言える。内々をロス無く乗れていれば、もう少しやれていたかもしれない。また、最終コーナーではインを回っていた馬に接触され外に弾かれる不利もあった。それでも差を詰めて来れたように力は示していたと言えるだろう。スローに嫌気を出して向こう正面では口を割って行きたがっていて折り合い面も十分だったとは言えず、この内容で0.4秒差なら悲観する程でもない。また、結局のところ多頭数を捌けずモマれて負けたと言う感じになもなっている。出走数が半減するので立ち回り的な不利も受けにくいだろう。操縦性高く、自在性もある馬で、京成杯のような条件も走り慣れている。間隔が短いので状態次第になるがここは普通に巻き返して来ると思う。近2走で手綱を取ったクリスチャン騎手の評価も非常に高かったので素質のある馬だと思われる。ある程度の結果は期待を出来そうだ。

 

ソールオリエンス

 

府中1800mで新馬勝ち。39.5秒-65.0秒ととんでもない低速ラップとなったレースで勝ち時計も1:50.8と遅い。同じ条件の重賞東スポ杯2歳Sより4.2秒も遅いものだった。ラスト3Fを加速ラップで勝ち切った点は良いがこのペースならそれぐらいは当たり前である。33.3秒の上がりはまぁまぁだったが、中山戦では評価の対象になりえない。時計面で評価を上げる事は不可能である。ただ、レースの見た目やレース振りが恰好が良く、素質馬らしい感じも見せている。出負け気味のスタートから3・4番手までリカバーして折り合いをつけた。ちょっと行きたそうなところを見せていたがちゃんと我慢出来ていた。走りのリズムもずムースで追い出してからの反応も良い。2着馬とはクビ差だったが3着馬には5馬身も差をつけていた。この2着馬もキャロットの素質馬で次走で圧勝している。それを競り潰しての内容からこの馬の評価も低くはならないだろう。510kの大型馬で走りも雄大。スケール感は隠しようがなかった。大型馬だけに叩いた効果も大きいと思われる。距離延長とはなるがこの新馬戦よりペースが遅くなることはあり得ないので折り合いもつけやすくなる面がある。新馬戦よりはレースの中身が厳しくなるので経験値の分だけ負ける事はあるが、あっさり超えてしまう可能性も否定できない。人気になりそうだし、どう扱うかは難しくなる。それでもポテンシャルの高さは認める必要があり、どんな走りをするかは注目して置かなければならないだろう。クラシックの新星となるか?そうなれば面白い。とは別に、新馬戦で手綱を取った戸崎騎手がシャンパンカラーに乗っているのは気になってしまう。戸崎騎手の評価も検討材料になってきそう。

 

京成杯(GⅢ)の予想はこちらから▼

 

フェアリーステークス(GⅢ) 出走馬カルテ

 

こんにちは。

 

有馬記念も終わったばかりの年始の3歳重賞は注目度が低くなりがちですが、そんな中でもフェアリーSの注目度は最も低いものでしょう。かつてはこのレースから出世していく馬もいませんでしたから余計に興味を持ちにくいものでした。でも、近年は活躍馬が目白押しと言う感じになっていますね。17年2着アエロリットがNHKマイルC優勝、20年1着スマイルカナが桜花賞3着、21年1着ファインルージュが桜花賞秋華賞で入着、そして昨年は勝ち馬がエリザベス女王杯2着、2着馬が二冠馬となりました。マークの薄いファンタジーS組が同年のGⅠで確かな成績を納めるようになっています。私たちも今までの態度を改めなければなりません。GⅠ戦線に直結するレースである事を肝に銘じて予想していく必要がありますね。

 

それにしても今年は参りました。登録で25頭もいて出走が確定していたのは3頭に過ぎませんでした。ほとんどの馬が抽選対象だったので準備の進め方に私は非常に苦労しました。抽選後に準備をしたら絶対間に合わないので取り合えず15頭の分析をしておいたんですけどこのうち8頭も除外となりました。この徒労感は痛すぎます。レースまで3日しかないのに半数以上の分析がこれからです。年明けからしんどいサイト運営になりました。

 

ファンタジーSは9日(月)に行われます。カルテの更新は8日(日)に終了します(たぶん)。いつもなら更新順はアイウエオ順ですが、今回は出走確定馬→過去に重賞競走に出走していた馬→新馬勝ちした馬→その他と言う順序で準備していました。なので、今回は準備が出来ているものから順に更新していく事にします。

 

予想案はページの最下部にある専用ページにまとめてあります。ブログカードを貼っておきますのでそちらをご覧ください。

 

キタウイング

新馬戦も後方からとなり、未勝利勝ちのレースも発馬は五分だったが出たなりで追走したら最後方だった。生来的に前進気勢の弱い馬なのであろう。

・追えば追うほど伸びる馬で使える脚は長い。稍重でも33.4秒とキレている。ここまでの2戦も脚力上位の内容で末脚の確実性は高い。

新潟2歳Sの出走馬の質やレース内容に物足りなさはあったが、上がりの競馬を最後方から差し切ったレース振りは良かった。やはり末脚はしっかりと使ってくる。

 

上記が阪神JF出走時のカルテ。

 

阪神JF14着。好スタートを決めインポケットの3・4番手。位置取りは最高。常に出遅れる馬で後方マイポジな馬だったが、ゲート、ポジショニングなど序盤の立ち回りが大幅に改善された。馬の成長もあったのだろうが、これは大きな収穫である。折り合い面はもともと不安のない馬であったが、先行ポジションで運んでも折り合いを欠くようなシーンはなく、流れに乗ってレースをする事が出来た。レース振りは良くなったと言える。ただ、惜しむらくはその流れがハイペースであったこと。先行策が裏目にでた。阪神JFはインから追い込んでくる馬が有利なレースだったので、新潟2歳Sの様な後方追走からインを突けていたら逆に好走出来たのかもしれない。しかし、それにしてもラスト1Fはぱったりと止まっていて最後は無反応のまま着をどんどん落としていった。直線の失速は不自然な印象を受ける。レース前の厩舎は坂コースが初めてなこと、多頭数が初めてなことなどやってみないと分からない点を不安材料としていた。多頭数はこなしたが、坂コースはこなせなかったと見る事は出来そうだ。阪神の坂はラスト200mから上がり始めるコースで、この馬が止まった点と合致する。坂を苦にした可能性は高いと思う。だとすると、フェアリーSは中山なので再び坂コースとなる。立ち回りが良くなったこと、相手関係が楽になることなどフェアリーSは面白いと思っていたが、坂を攻略できるかが鍵となりそうだ。厩舎の評価ではまだ成長の余地を大きく残しているとのこと。実際、馬体は小さく、夏から目立った成長はない。本格化は先の可能性はあり、早熟馬という事ではないと思う。

 

ミシシッピテソーロ

スタートダッシュは弱いので中位、後方で折り合って進む。2勝したレースは減速ナシ、加速ラップといずれも前が止まらない展開をねじ伏せている。末脚性能は良い。

・気性面に難は感じず、目立った悪癖はスタートぐらい。それを補う末脚もあるので現状は欠点はない。

アルテミスSは上がりの競馬で決め手負け。33秒台の末脚は使える馬だと思っていたがいつもと同じぐらい末脚しか引き出せなかった。上がりの速さには限界があるのかもしれない。

 

上記が阪神JF出走時のカルテ。

 

阪神JF5着。16番人気の大激走だった。レースはいつものように中位後ろ、もしくは後位前という10番手。リバティアイランドの直ぐ後ろを終始回ってくる事が出来た。直線に向いてからもリバティの追い出しに併せてこちらも進出開始。一端はリバティとワンツーしそうな勢いであったがインを立ち回った馬にすくわれて、3着ドゥアイズにも差し返されてしまった。しかし、イン差しが目立ったレースを外を回っての内容なら褒められて良い結果だと思う。GⅠ初騎乗だった原騎手も好騎乗だった。好走の要因は2つ考えられる。1つはリバティを目標にスムーズに回って来れたこと。リバティに引っ張られるようにレースが出来たのでこの馬のパフォーマンスも上がってしまった感がある。2つめはハイペースだったので上がりがかかる展開になったこと。アルテミスSの様なラスト3Fの瞬発力勝負は上がりの速さに限界があるこの馬には向かない。が、1・2戦目で最速上がりを駆使し2連勝していたように末脚自体は使える馬。速い上がりが求められないレースでパフォーマンスを上げたと見る事が出来る。だとすると、フェアリーSが行われる1月の中山はこの馬に向いてる条件。厳冬期の中山の芝は上がりがかかり33秒台の末脚はまず必要ない。この馬の末脚性能にはフィットしていると思われる。立ち回りはいつも上手いのでトリッキーな中山マイルも悪くなさそう。ここは重賞勝ちのチャンスかもしれない。関西遠征で14kも減っていたので、地元開催で馬体が回復すれば上積みがある。

 

メイクアスナッチ

 

札幌1200m→府中1400mを連勝中。短距離の無敗馬。とは言え、6F戦の新馬は36.1秒、7F戦の2戦目は36.9秒とどちらもマイル戦並みの低速戦。スピードが全面に出ていたレースではないから距離延長にも対応出来そうな感じはある。少なくともマイルの流れに戸惑うことはないだろう。1F延長した前走でもパフォーマンスは上がっていたし、マイルも守備範囲であるように思う。スタートセンスがあり初戦が2番手、2戦目が逃げ切りと安定した先行力がウリである。ただ、逃げた前走を見ると馬がヤル気になってしまった感じ。折り合いを欠くか欠かないかのギリギリのところだったように見えたのでもう逃げない方がいいと思う。2勝ともスロー競馬だったので時計的な価値はないから地力の高さは測りきれない。また、目立ったパフォーマンスでもないのでスケール感も感じない。悪い馬でなさそうだが普通の馬の可能性もある。しかし、今回のメンバーなら足りていると思うので取捨は慎重に。

 

アンタノバラード

・すんなりと先行していけるセンスはあるし、折り合いもつくタイプ。

・操縦性が高いので乗り方に注文を突くようには思えず、動きたい時にちゃんと動いていける。

・1800mを2戦して好走止まり。マイルに短縮して勝ち上がる。マイル戦では初めて最速上がりを記録。1800mで使えなかった脚をマイルで使えた事が距離適性の高さ。

・加速ラップのラスト3Fを外から差し切った内容は強く、地力でねじ伏せた未勝利勝ちの内容は良い。

 

上記が京王杯2歳S出走時のカルテ。

 

10着だった京王杯2歳Sは不可解なレース。好スタートを決め良い位置取りを取れそうだったがポジションに固執せず馬なりのまま追走して後方待機。直線を向くまで動くこともなくそのままのポジションで4コーナーを回った。直線勝負と思いきや大して追う事も無く、鞭を使う事もない。ただ流して入線しただけ。ヤル気をまるで感じさせないレース振りで強い違和感を感じる。どういう意図かは知らないがこれは使っただけだろう。度外視すべきレースだと思う。今回は強い内容で勝ち上がった中山のマイル戦。この時ぐらいに走れれば通用して不思議ない馬だと思う。本来は動きたい時に動ける操縦性の高い馬。距離もマイルぐらいが一番良いし、この距離なら脚もしっかりと使える。時計のかかる厳冬期の中山も向いているだろう。前走の敗因次第ではあるが入着があっても驚けない。もっと良い馬であるはず。

 

エナジーチャイム

・7月の新潟の1600mで新馬勝ち。マイペースのタメ逃げで程よい前進気勢で上手く折り合えていた。33.7秒で上がれているので脚もあるのだろう。

・着差がわずかだったり、逃げ切りだったりと見た目ではわかりづらいがかなり強い競馬だったと思われる。

・素質馬と言う事で良いが、デビュー前はテンションが高いところがあると慎重に調整されていた経緯もあるので当日の気配は確認した方が良い。

 

上記が京王杯2歳S出走時のカルテ。

 

京王杯2歳Sは実質的に最後方からレースを運ぶことになった。新馬戦を逃げ切りした馬の位置取りとは思えない。デビュー前から気性がキツめに出ていて懸念されていたが、1度使った事でさらに気性面の難しさが大きくなっていたという。スタート自体も良くなかったので、出たなりで後方に下がり直線勝負に徹していた。ルメール騎手の舵取りからも折り合い重視の競馬だったと見てよさそうだ。出していくと御せなくなる可能性があったのだろうと思う。不甲斐ない結果であったがこの時はしょうがなかったのかもしれない。しかし、素質馬の片鱗はしっかりと見せた。馬群を切り分けながら直線で差を詰める。33.3秒の末脚は最速上がりだった。0.5秒差の8着でそれほど負けていたわけではない。このレースはイン前バイアスが強く働いていたので、結局位置取りの分だけ負けたということ。ポジションを取れていたら上位入線は十分考えられた。今回もそう言う競馬が出来るかどうかだろう。もしくは、後方追走からでも展開ドハマりならなくはない。フェアリーSは大外強襲が珍しくないので前走みたいな競馬でも出番はあるかもしれない。結局は当日のテンション次第だが、前からでも後ろからでもどちらでも良いと思う。暴走を押さえられるなら入着の可能性は十分にある。2ケ月の間隔があるので気性の改善があると良いと思う。

 

スピードオブライト

新馬戦(中山1200M)で負けした2着馬も、3着馬も次走で勝ちあがっているレベルの高い1戦を勝ち上がる。手応えばっちりで直線を迎え、もったままで抜け出し完勝した内容は良い。

・ラスト4Fが加速ラップとなっているので高い持続性能を見せた。これなら1F程度の延長はこなせて良いと思う。

 

上記が京王杯2歳S出走時のカルテ。

 

京王杯2歳Sの3着馬。好時計決着のレースを先行しての結果だから内容的に悪いはずがない。1・2着馬は内枠からロス無く立ち回った組であり、この馬は8枠16番からとてもうまく乗っていたと思う。枠が違えば結果もまた違うものとなっていたかもしれない。外からし一気に2番手を取りに行った二の脚は速く、外枠の不利を最小限に留めた石川騎手のファインプレー。本馬は中山1200mの新馬戦も同様の立ち回りで勝利しており、重賞のレベルが上がった1戦でも同じようなパフォーマンスを発揮出来たのは素晴らしい。距離延長もこなしての話なので前走から評価は高くなった。スピードの持続力は重賞級の評価で間違いがない。マイル戦は緩急のある流れになる事もあるが、その際は自らレースを動かすことも出来る脚質なので自分の競馬に徹する事も出来るだろう。今回も通用して不思議ない馬だと思う。なお、京王杯2歳Sの1・2着馬は朝日杯FSで7着、16着といずれも大敗しているが、オオバンブルマイもフロムダスクも出遅れて後方追走の競馬だった。京王杯2歳Sとは真逆のポジションの競馬となり、力を出し切って負けたとは思えない。この2頭のGⅠ成績を理由に京王杯2歳S組の評価を下げるのはよした方が良い。

 

ディナトセレーネ

・ここまでの2戦はわりと良いペースで流れていて、それにしっかりと対応出来ていた。標準の力は持っているだろう。

・目立ったパフォーマンスがあった訳ではないので強調材料は特にない。

・不良馬場で勝ち上がったので体力面には不安がなさそう。タフな条件になれば浮上してくることもあるのでは?

 

上記がアルテミスS出走時のカルテ。

 

アルテミスS6着。逃げたアリスヴェリテがハナに立つまで先頭だったのが本馬。交わされてから2番手をキープして直線を向く。これが3戦目だったが近2走はレース振りが安定してきた。ラチ沿いから進んでいたので直線入り口で包まれてしまい追いづらいシーン。追い出してからは失速せずにジワジワと脚を伸ばしていたが決め手のある馬に負けてしまった。ヨーイドンの競馬には向かない感じで脚を使い切れなかった印象。それで0.4秒差なら悲観するほどではない。いち早く抜け出せていればもっと走れていた可能性は高いと思われる。スムーズな立ち回りが出来ればやれるのではないか?未勝利勝ちした中山マイルに戻るのも良い材料。不利なく脚を使い切れれば入着の可能性はある馬だと思う。

 

ディヴァージオン

 

12月の中山2000mで新馬勝ち。大外枠からダッシュがついて、ロス無く3番手のポジションが取れた。コーナリングで5・6番手まで下がるが先行集団の一角としてレースを進める。中間に13秒台が4連発したスロー戦。3~4角から徐々に進出するが加速がついていたという感じはなく、機動力があるようには見えない。ペースを考えると持ったままで上がって来てほしかった。結局、マクり切れなかったので直線に入る前から手を動かしてなんとか先頭を奪った感じ。勝負所での手応えにあまり良い印象を受けない。直線ではいち早く抜け出していたが、ペースを考えればそのまま突き抜けて圧勝という流れになるところだが、それも出来ず後続に詰められてしまいアタマ差の辛勝。走破時計2:05.0が物語るように全体的に物足りない。クセのない乗りやすそうな感じはあり立ち回りそのものは上手いが、決め手が問われてくる上級クラスでは慣れが必要な感じがする。現状は高評価と言う訳にはいかない。2戦目で大きな変わり身が求められる。

 

ヒップホップソウル

 

中山1600mを新馬勝ち。39.3-64.1の超スローで先行していた1・2・4番手の馬が2~3着。こんなレースで本馬は出遅れてしまい最後方からのレースとなった。2F目を通過したぐらいから徐々に動き始めて、ラスト800mぐらいから一気に3番手まで押し上げてきた。動きたい時に動ける自在性は目を引いた。ペースが遅かったので自分の走りをしたら番手が上がったという感じで高い推進力が備わった走りをする。走りの質が他馬とは違っていた。3番手を取ってからは前の2頭を可愛がる余裕を見せて3馬身ぐらいまた離されるのだが、それも直線入り口で簡単に詰めてしまう。直線突き抜けて4馬身差の圧勝は圧倒的な力差の表れ。坂を上ってからは手綱を押さえる余裕を見せていた。出負けしたことや、終始外目追走のレースだったのでさらに評価を高く出来る。稍重の上、超低速戦のため勝ち時計は1:38.6だったが、次戦の府中マイルのベコニア賞で3.9秒時計を詰めている。スピード能力にも特に問題はない。このレースは2着に負けたが、逃げ切りした勝ち馬と2番手だった本馬とのマッチレースで内容は濃い。クビだけ負けたが通ったコースの差とか、松山騎手と戸崎騎手の腕の差とかの些細な敗因しかないと思う。悲観する内容ではない。それよりも36.1秒-60.7秒のペースを先行して33.8秒で上がれた事を評価しておきたい。今回は機動力を発揮して勝ち上がった中山マイルに戻る。レースはしやすくなりそうで有力候補になる。

 

ブルーイングリーン

 

府中1400mを新馬勝ち。15番人気の勝利で単勝は1万6千円を超えていた。3F通過が35.7秒と遅い流れを単独の3番手で追走出て来ていた展開面、Bコース変わり週の馬場でラチ沿いを進める事が出来たこと、2k軽い減量騎手器用の斤量面、上位人気馬の不発などいろいろと噛み合たことが勝因と考えられる。好発進から楽に先行ポジションを取れていた立ち回りや、折り合いを欠くことなく平常心が保てていた精神面など良い走りをしていたのでこの馬自身が頑張ったというのも言えるのだが、展開面や進路取りの有利さからすればもっと突き抜けていて良いレースでもあった。アタマ差まで詰められた辛勝だったし、このペースから使えた34.7秒の末脚も甘い。最高に恵まれたらこうなったという感じでやはり全体的に物足りない。強調材料は特に無く、15番人気だったことを真摯に受け止めるべきだろう。

 

イコノスタシス

 

31.4秒の切れ味で話題になったリバティアイランドの新馬戦で2位上がりを記録したのがこの馬。リバティと変わらない位置取りから追い出したが瞬発力に大きな差があったのは否めない。出遅れが響いていたのでこの時は4着までだった。姉に昨年のフィリーズrvを勝ったサブライムアンセムがいるのでサンデーRの期待も当初より高い。福永→ルメールルメール→レーンと常に鞍上にはトップジョッキーを配置してきたのがその現れ。そんな馬が勝ち上がるのに4戦も要してしまったのは2・3戦目で1800mを使っていたからだろう。この2戦のレースを見ると如何にも距離が長いという負け方をしている。姉のサブライムも1400ベストでマイル守備範囲と言う馬なので中長距離以上でパフォーマンスが低下したというのが実情だと思われる。そして、前走でマイルに戻り楽に勝った。このレース内容が割と良い。最内枠からハナを切り、タイトなラップを刻んで後続を疲弊させるペースで逃げ切った。直線で追い出されてからは後続はついてこれずに差が開き、鞍上レーン騎手がラスト100mで追うのを止めてしまったほどの楽勝。やはりこのぐらいの距離が良いのだろう。新馬戦では究極レベルの瞬発戦に対応、2・3戦目には道悪競馬をそれなりにこなし、前走は持続戦で強い競馬。様々なレース内容を経験し結果も出ている。ここまでの平均点は結構高い。1勝馬同士なら力は上の方だろう。ここも十分通用する。なお、4戦中馬券になった2戦が逃げで、圏外になった2戦がスタートで失敗。ゲートに関しては良いのか悪いのか良く分からない。スタートが決まる時は本当に良いスタートをするので基本的には大丈夫だと思うが安定したスタートはまだ保証しかねる。

 

ブラウンウェーブ

 

新潟1400mの新馬戦を15番人気で勝った。単勝は9,450円だった。ただ、そんな弱い馬の様には思えない。1・2・4番手を行っていた馬が2・3・4着しているように前残りの展開だったはずで、それを先行集団の後ろから差し切っているのだから内容的には悪くない。2k減の横山琉騎手が騎乗していたので斤量的な恩恵はあったが恵まれたのはそのぐらい。評価を下に見積もる理由は思いつかない。2戦目の福島2歳Sが7着と馬脚を露したように着を下げたがそれは違う。これはスタートで失敗し、ゴチャつき、後方からの競馬を余技なくされたから。直線では器用に内をすくって脚を伸ばしていた。このレースは34.7秒の上がりを使った馬が3頭いてこれが最速上がりなのだが、本馬は34.8秒とこれらと変わらない末脚は使えている。新馬戦でも2位上がりを使っていたし、現状は脚も使えている。やはりそう悪い馬とは思えないのだが。また、定量戦でもそれなりに走れた点でも2戦目の収穫は大きい。地味なプロフィールから印象は高くならないが弱い馬と断定出来るような馬ではないと思う。距離に関しても1400mから短縮した1200mの前走が忙しかった印象を受けるので短縮するよりは良いと思う。2戦とも時計のかかるレースだったのでスピード要素に強調点はなく、高速馬場では心許ないとこだが1月の中山ならそれで構わない。1勝馬同士なら変な競馬にはならないのではないだろうか?強気に推奨する気は全然ないが極穴でいいなら面白いかもなぁとちょっと思う。

 

マイレーヌ

 

勝ち上がるのに5戦を要した。負けても4着まででほぼ馬券圏は確保して来た。が、負かされた相手が強かったということはなく、それらの馬の大体が上のクラスで成績を下降させて良い所がない。この馬の場合は順番待ちで勝ち上がれた感じであり、馬が力をつけて未勝利を脱出して来たのではないと思う。大きく崩れてはいないようにレースは上手い。先行力が安定している馬で近3走は逃げている。ペースの割に終いに使える脚がない。そんな脚しかないの?と言う負け方が目立っているので決め手を繰り出せる馬ではないのだろう。そう言う所が勝ちあがれなかった要因で地力に劣ると言わざるを得ない。その割に昇級戦の白菊賞3着は良く走た。このレースはまぁまぁ速いペースで逃げて、ラストは消耗戦になっているのだがこれがこの馬の好走パターンだと思われる。未勝利勝ちしたレースも速いペースで失速率の大きい内容だった。後続を疲弊させて体力勝負に持ち込んでいた。最後の1Fは未勝利勝ちが1.4秒、白菊賞が1.1秒も失速していた。決め手の無い馬がこういうレースでパフォ―マンスが上がるのは自然な流れ。スローの上がりの競馬ではまず負けるだろうが、きつめのペースを自ら刻んで後続も潰すようなレースで良い。捨て身の肉切骨断の戦法が向いている。行ってどこまでの競馬をするしか浮上の目はないだろう。この馬がそう言うレースを演出する事が出来たらフェアリーS自体が厳しいレースとなる。だとするとマギレは生じにくくなるので、地力の高い馬から選んでいくのが良いだろう。その中に本馬を含めるかは難しいところだが。

 

ミタマ

 

4戦目の前走で勝ち上がった。1400m~1800mの範囲を走り、全戦で0.2秒差以内に駆けている。2戦目まではフラフラしていたり、出遅れたりでスムーズさを欠くシーンが目立ったが、3・4戦目の近走はレースの流れに乗って競馬が出来るようになっている。どうも決め手が甘く僅差負けの要因はこういう所にあるのだろう。前走も勝つには勝ったがインをソツなく回ってロス無しの競馬が出来た事が大きい。抜け出してからはやはり甘くなっており後続の追撃をギリギリ凌いだという感じ。いつもいい手応えで直線に入ってくるのだが伸び脚は案外。ラストに強力な脚を駆使する事が出来ない。現状は立ち回りで勝負して紛れ込む競馬しか期待出来そうにない。地力でねじ伏せるようなレースは出来ていないので、枠や展開に恵まれた方が良いだろう。ただ、この陣営はシンザン記念にも登録していた程で、休み明けのこのタイミングで重賞に出走する意図は大きかったようだ。厩舎内では重賞にチャレンジさせたい程の評価があるのかもしれない。成長途上でまだ動ききれていない可能性は確かにあるので、約2ケ月空いていたことで馬が変わっていることも。中間の調整具合はチェックしておきたい。今回の評価はそれからで良い。

 

リックスター

 

府中1600mで新馬勝ち。五分のスタートから二の脚が利いて2番手で運ぶ。新馬戦なのでペースや時計が遅いのは仕方ないが、番手から抜け出しただけの内容に目立った強調材料はなかった。11.3-11.4-11.3とほぼイーブンなラスト3Fもペースを考慮すれば少々物足りない。強い馬が1頭いたり、レールレベルが高ければ、このペースならどこかで10秒台が記録されるもの。スローならスローなりに良いところはあるものだ。本馬もワンペースから雪崩れ込んだだけという内容で、さらにギアが上がる感じはなかった。勝ったことはエライが評価を高く出来るようなものはない。また、1番人気だった2着馬と2番人気だった4着馬はその後数戦を済ましているが好走止まりで勝ち切れていない。相手にも恵まれていた感がある。パフォーマンス的には至って普通のもの。今回は相手なりな評価が妥当であろう。ただ、これは10月中旬のレースで前走後にしっかりと間を空けている。この中間の成長次第で評価を上げられる材料は出てくるかもしれない。レース振りに変なクセは無く、目立った弱点もないので馬が良くなっているようならその時は注意したい。

 

チハヤ(地方馬)

 

地方競馬のラップは読めないので一概に言えないが、1400mをマイル並みの時計で駆けるのが精一杯と言う感じ。フェアリーSをダートでやっても厳しいのではないか?2勝馬ではあるが現地の強い所が集まった前走のOP戦では圧倒的に負けている。この前走ではそれまでの4戦で手綱を取っていた森泰斗騎手が別な馬に騎乗していた。つまりそう言う馬なのだろう。オグリキャップライデンリーダーの様な特別な馬がやって来たという事ではなさそうだ。ダッシュがつかない馬のようでいつも後方から競馬をしている。実は芝馬でしたと言う事でもない限り後方儘尽だと思う。

 

フェアリーS(GⅢ)の予想案はこちら▼

シンザン記念(GⅢ) 出走馬カルテ

 

こんにちは。

 

翌日に行われるフェアリーSが最大9頭の除外が発生する登録数でそれが影響しているのかシンザン記念に登録している牝馬が6頭も。ダブル登録の馬もいますが、そうでない馬もいます。牡馬が相手であることに臆さない陣営もいるようです。シンザン記念牝馬と言えば、ここで馬券になった場合その馬はほぼ桜花賞馬になるという強力なデータがあります。歴史上7頭の牝馬シンザン記念で3着以内の成績を残しましたが、このうち2頭の三冠牝馬を含めた5頭が桜花賞馬となっています。これだけ牝馬の登録があるとこのデータを意識したくなります。今年のシンザン記念桜花賞の前哨戦となってしまうかもしれませんね。登録している牡馬のメンツを見てもそう言う話になってしまうのではないかと思います。

 

なお、中京で行われた近2年のシンザン記念ではイン前優勢な結果が続いています。2年前のピクシーナイトは逃げ切り勝ち、昨年のマテンロウオリオンはインの3番手から直線ラチ沿いをこじ開けて優勝しています。この2頭は戦前までは控えて差し追いの競馬をしていましたがトラックバイアスに即した乗り方にチェンジして結果を出しました。開幕4日目のレースでもありますし、良馬場ならある程度同じような結果になるのではないかと思います。脚質、乗り方、枠番などは重要な予想ファクターとなるでしょう。ちなみに、2枠3番と6枠10番は中京で行われたこの2年でどちらも馬券になっています。③-⑩の馬連・ワイドはおススメですよ。

 

シンザン記念は8日(日)に行われます。前日の7日(土)に更新を完了します。

 

予想案はページの最下部にある専用ページにまとめてあります。ブログカードを貼っておきますのでそちらをご覧ください。

 

クファシル

 

阪神1600mで新馬勝ち。良いスタートを切った馬は何頭かいてこの馬もその1頭。そこから主張してハナを奪い逃げ切り勝ちする。序盤から結構押し込んでいたので馬がエキサイトした感じで折り合いを少々欠いてしまう。それが影響したのか最後は少々失速していて後続の追撃を許し3/4差まで詰められてしまった。リラックスして走れていたらもう少し余裕があったように思う。1度使ったことでガス抜きが出来ているといいのだが。また、鞍上のムーア騎手が最後まで一杯一杯に追っており、それで勝てたという所はあるかもしれない。最後は馬も疲れていた感じだったので違う騎手だったら保たせる事は出来なかったかもしれない。主張して先手を取っていた序盤の立ち回りも含め、新馬戦は騎手に動かされていた感が強い。勝ち時計や道中のラップは標準級ではあるのである程度やれる馬ではありそうだが、スケール感は感じなかった。馬も若い印象があるので、現状は高い評価までする事は出来ない。相手次第としておきたい。なお、ムーア騎手が帰国しているので今回はイーガン騎手。鞍上面の戦力ダウンはそれほどないと思う。

 

クルゼイロドスル【回避】

・府中1600mで未勝利勝ち。サウジRCより0.1秒遅く、アルテミスSより0.3秒速い走破時計で府中のマイル重賞と比べて遜色ない時計で走れている点は良い。

新馬戦は先行して雪崩れ込む競馬で2着。2戦目は後方から長く脚を使って決め手を発揮して優勝。レース振りには幅がある。

・ゲートを出てからの二の脚があるのでポジション取りに苦労するタイプではない。気性面の問題も現状は見えない。ラストに脚も使えている。ここまでの2戦の平均点は割と高い。

 

上記がデイリー杯2歳S出走時のカルテ。

 

デイリー杯2歳Sを5着。このレースは朝日杯FSの稿で時計的な価値が高いレースという事で話したが、そのGⅠはこのデイリー杯2歳Sより1秒以上も遅い決着だった。馬場差もあるので単純比較は出来ないが、やはりデイリー杯2歳Sのレベルは高かったという事で良いと思う。そのレースで5着だったらこの馬の成績も悪いという事は言えない。ただ、3番手の競馬から1・2番手だった馬に突き放されて負けた内容は重い。コースは違えど本馬の未勝利勝ち時とレース内容はそれほど変わらないものであり、走破時計もほぼ同じものだった。自分の時計しか走れなかったという見方が可能で、力は出し切れた結果だったのだろうと思う。これは純粋にレースレベルが上がり強い相手に敵わなかったという事になってしまいそうだ。ゴドルフィンの馬で馬主、厩舎の期待は高い馬なのだがデイリー杯2歳Sの結果は物足りないものとなってしまった。ただ、シンザン記念デイリー杯2歳Sよりもやや小粒という印象で相手関係は楽になっていると思う。レースレベルは高いレースだったし、そこで5着なら力上位の評価は出来ると思う。勝ち負けはともかく、入着級の力はあるはずだ。

 

サンライズピース

 

稍重だった阪神1800mの新馬戦を勝った後に、エリカ賞、万両賞と1勝クラスの特別戦を連敗中。この3戦の上がりは1位、2位、1位と末脚は常に上位を記録している。それでも勝ち負けに加われていないのは位置取りが後ろになっているため。ポジションを取れる馬ではないようで序盤は全戦で後方からのレースとなっている。控えた馬が上がり上位を記録するのは当たり前の話なのでそんなにエライものではない。差し追いの馬なのでラストの失速率が高い方が着は上に来る。上がりが速い後傾戦よりも消耗戦で末脚が生きてくるのが特徴。1800m→2000m→1400mと全て違う距離を走っていて適性距離を探っている感が強い。中距離2戦の上がりはレース上がりとそれほど違わないもので他馬とそれほど変わらない上がりしか繰り出せていなかった。が、1400m戦だった前走はレース上がりを0.5秒も上回る事が出来た。距離が短い方が末脚の威力は上がっているので、中距離よりは短距離よりな馬とは言えそうだ。1600mも今回が初めてとなるがこのぐらいが適性と言う事はありえると思う。前走並みかそれ以上の末脚を使える可能性がちょっとあるのではないか?と思う。ただ、それでも今回はちょっと厳しいかもしれない。中京で行われたシンザン記念はイン前決着が続いていて、この馬の脚質からするとコースバイアスが味方しないだろう。馬場傾向を覆せるほどの末脚までは引き出せないと思う。自在性はないので今回も直線勝負となる可能性は高い。道悪や上がりがかかる展開にでもならないと好走は難しい気がする。

 

シンゼンイズモ

・函館の1200m戦を2戦して未勝利勝ち。ラスト800mから動き出して徐々に進出し、スプリンターとしては脚が長い印象。

・落ち着いて追走しており折り合いがつく馬の様だ。騎手の指示にも従えていて操縦性は高そう。

・前が止まる流れで展開的にはハマっていたため評価を高くするのは難しい。今回も展開や立ち回り次第。

 

上記が函館2歳S出走時のカルテ。

 

後方から進めた函館2歳Sはハイペの消耗戦で展開ハマリだったが、追い比べて劣ってしまい7着。3位上がりを駆使してはいたが同じ位置から本馬より鋭い脚を使った馬が3着となっていてスピードで負けたという感じ。この1戦で短距離適性に疑問が生じたのかもしれない。陣営は次戦に1800mのコスモス賞を選択した。距離が伸びた分だけ追走は楽になっており好発から3番手を追走していく。内枠も幸いしてインポケットの絶好位で運び方としては完璧だった。が、レースが動いた勝負所で追走が忙しくなってしまった。この時の1・2着が阪神JFの上位人気馬と上位入線馬。これらと比較すると重賞級との力差がはっきりと出ているレース内容だったと言える。また、頑張ってはいたがラスト1Fで完全に止まっているので距離も長かった感じ。5着と函館2歳Sから着は上がっているがタイム差は1.2秒と逆に大きくなっている。コスモス賞は距離を延長しすぎたようだ。マイルまでは頑張れていたのでシンザン記念ぐらいの距離ならこなせる可能性がちょっとある。とは言え、決め脚に見どころがある訳でもないので、先行してどこまで頑張れるかと言う事になる。入着の可能性があるとしたら自分の競馬をした上で後続の末脚不発があった時だろう。5ケ月ぶりのレースなので中間の成長次第だが、それも大幅なものでない限り地力勝負では厳しいままと言う気がする。

 

スズカダブル

・1勝クラスでは目立ったパフォーマンスを発揮出来ていないし、先着された馬との力差も大きく感じた。

・距離短縮で多少粘りを増すこともあるが、持続性能が特別高い訳でもないので大幅な戦力UPが望める馬ではないと思われる。

 

上記が朝日杯FS出走時のカルテ。

 

朝日杯FSが13着。1800m戦を2戦していたが逃げて決め手負けを続けたので厩舎は馬の後ろで脚を溜める競馬がしたかったそう。しかし、中団の競馬は出来たが外目を追走していたのでこの時も結局脚を溜める事が出来なかった。直線に入っても末脚を繰り出す事が出来ず、インから何頭も交わされていった。力差も大いにあったと思うが、7枠13番が良くなかったのもあったと思う。GⅠは厳しい1戦だった。相手が弱くなり1勝馬が大半の組み合わせなので良い枠に恵まれればもう少しやれるのかもしれない。前走はポジションを取れなかったが本来は先行センスのある馬。内目の枠に入ってスムーズに運べた時に噛み合う可能性はちょっとある。強く推せる馬ではないが、条件次第・相手次第で評価を上げて見るのは面白いかもしれない。距離もマイルがベストと言う話だし、まるでダメとは言えない。

 

トーホウガレオン

 

デビューから3戦連続で2着。初戦は最後方付近から追い込んで届かず、2・3戦目は先行して抜け出したところを差される。決め手不足とも言えるが、戦ってきた相手もそれなりな馬ばかりだったので負けて強しだったところもある。勝ち上がった前走も2着馬を交わすのに手間取り、着差も僅か。見た目は辛勝に映り圧倒的に強い訳ではない。が、これも相手が4k軽い減量騎手器用の馬だったので仕方ない面もある。派手さはないが地味に強い感じはある。新馬戦で脚を余して負けたことから2戦目以降は先行策を採るようになっている。レースを経験するごとにゲートが速くなっており、出たなりで1・2番手のポジションを楽に取れる。先行力がかなり安定してきた。直線ではしっかりと抜け出せてくるので常に上位争い。レース巧者のイメージがどんどん強くなっている。勝ち切れないレースは多かったが3着以下は完封してきたので未勝利クラスでは力が違っていたと思う。1勝馬同士ならそこそこやれる馬ではありそうだ。ここまでの4戦は1800m~2000mの中距離を使われていて、マイルは今回が初めてとなる。先行するようになった2戦目以降から前進気勢が強くなって来ている。折り合いを欠いている訳ではないが、逃げ馬を追って常に一生懸命走っている感じはある。力んで走っていた事も差されて負けてきた要因かもしれない。この気性ならマイルへの短縮はハマると思う。

 

ペースセッティング

・福島の新馬戦は後手を踏んで取りこぼしたが、小倉の未勝利を同日の小倉2歳Sより速い時計で勝つ。

・2歳重賞より古馬北九州記念に近い猛ラップだった。そんなレースを逃げ切りするのだからシンプルに強い。ラスト100mは流して勝ったほど。

・スピードだけで圧倒してしまったのでレース振りに遊びが無い。スピード以外に強調出来る点は案外少ない。

 

上記が京王杯2歳S出走時のカルテ。

 

自己条件でしっかりと賞金加算して来年に繋げたいと言いながら確勝を期した前走が2着。それが有馬記念の前日。中1週でシンザン記念に使ってくるあたり関係者の焦りを感じる。メンバーが集まらないのを理由に予定にない1戦という感じだろうか?そもそも短距離馬で1400mだった近2走が守備範囲という厩舎の評価。マイルまで延長して良いものなのか?と言う疑問は残る。臨戦過程、距離適性などあまり良い印象を持てない。控えて競馬を教え込むよりもスピード負けせに伸び伸び走らせた方が良いと厩舎では考えている。先々を見こさずに使っているところがいかにも外国馬と言う扱いで、だから中1週で使ってしまうのかもしれない。レース振りを確認しておくと、ゴチャついて先行ポジションを手放してしまった京王杯2歳S不本意な競馬だったろう。意図しない差しポジションからの競馬となってしまった。道中を通してワンペースな走りで直線でもジワジワと伸びただけ。2着馬に体を合わす4着までしか詰め切れなかった。前走の万両賞も3番手の先行策は取れていたがやはり直線でジワジワとしか詰められず2着に上がるのが精一杯。直線でギアが上がる感じが無いので決め手を発揮する事が出来ていない。厩舎は1400mを守備範囲と言うが、近2走はまさにそんな感じ負けている。これではマイルに延長しても微妙な感じになってしまいそう。決め手がないというなら厩舎の言うように行ってしまう方がいいのだろう。未勝利勝ちした時のような強い競馬がまだ出来るかもしれない。年始の中京開催はイン前バイアスが強くなるので残り目を期待してレースを運ぶ方が可能性は大きくなると思う。

 

ライトクオンタム

 

府中1600mを新馬勝ち。逃げ切りである。牝馬ながらフェアリーSではなく、シンザン記念にぶつけてきた。五分のスタートだったが行きっぷりはこの馬が一番良く、スピードの違いでハナに立つ。1F目に13.2秒のラップを刻んだだけで以降はゴールまで11秒台の速めのラップを刻んで逃げ切った。デビュー戦の2歳馬には楽な展開とは言えないが、直線に向いても持ったままで1~2馬身のリードを保ちながら常に余裕のある走り。後続が必死で追い出しているなか鼻歌交じりにスイスイと加速していく感じ。気合を付けた程度で鞭も使わずに2馬身半差の楽勝。この時の2着馬が次走であっさり勝ち上がっていて弱い馬相手に圧勝した訳ではない。数字的な評価も、見た目の印象も十分合格点。しかも、全力を出さずに記録した内容。これならまだまだ上があるだろう。重賞級の評価も可能だと思う。今回は有力馬として扱われることになりそうである。強いて言えば、折り合いに難しい面は見せていないが前進気勢の高そうな走りはしていたのでその辺は少し気になった。1度使った事でガス抜きが出来ていると良いと思う。

 

シンザン記念(GⅢ)の予想案はこちら▼

 

 

1月の予想案【6戦4的中・回収率156.3%】

 

・このページは1月の予想案を1つのページにまとめたものです。

・新しい予想案を上から順に上書きしています。

・1月はブログのテーマでもある3歳重賞の全てを予想します。古馬重賞に関してはGⅡ競走以上のものを予想します(金杯はやりません)。ダート重賞は基本やらないつもりですがフェブラリーSも控えているのでGⅡ競走の東海Sは扱うことにします(根岸Sはやりません)。

 

AJC杯(GⅡ)

 

こんにちは。

 

社台系の牝馬が6歳3月までしか走らないのは競走馬の減価償却が耐用年数4年と定められているからです。そろそろ引退の時期となる社台Rの②シャムロックヒルも引退の時期が近づいています。だから、残りのレースをしっかりと走り切りたいようです。本来は逃げた方がいい馬でここも出来ればそうしたい。でも、さすがにハナに立つのは⑤バビットでしょう。それでも道中どこかでハナに立てるような競馬をしたいと話しています。逃げ争いが熾烈になるかもしれません。これに④ノースブリッジも元逃げ馬でしたので2番手あたりをイメージしていますし、気性的に前付けしてくる⑪エピファニーもどこかで加わって来るかもしれません。先行勢が充実しているので勝負所は忙しくなりそうです。

 

とは言え、直線の短い中山競馬場ですから直線入り口で射程圏に入れてないと厳しくなってしまいます。差し馬、追込馬を安易に狙えばよいと言うものではないでしょう。ただ、おむすび型の中山2200mは外回りコースで3・4角のコーナーの斜度が緩やかです。小回りと言うよりは大箱コースに近いもので、道中で捲って来れる馬なら4コーナーで射程圏を取りやすりレースだと言えます。昨年の1・2着は後方待機からこの区間で機動力ある走りを見せ上位入線しました。狙うならこういうタイプだと思います。機動力がある馬、長く脚を使える馬が有利になるのではないかと考えました。これに該当するのが、⑨エヒトと⑥ユーバーレーベンだと思います。

 

⑨エヒトは七夕賞が強い勝ち方で機動力ある走りは中山2200mで魅力を感じます。中山2200mの巧者だったミッキースワローも七夕賞を勝っていましたし案外リンクする2重賞だったりするのかも。過去イチのデキだったという七夕賞勝ち後に頓挫があり、近2走は仕上げ足らずでしたが金杯をスキップしたことで七夕賞時にかなり近いところまでもって来れたと陣営は旨を張っています。⑥ユーバーは気持ち的な理由で動ききれないレースを続けましたが、前走のJCでようやくらしい走りを見せたと思いました。展開的に着は悪いですが道中は動けていたので復調の兆しは感じました。オークス勝ち後は馬券になれていませんがGⅠ中心のローテではそれも仕方ありません。今回のメンバーぐらいなら面白いのではないか?と思いました。復活走を期待します。印はGⅠ馬の格を重視して⑥ユーバーを〇に、⑨エヒトを▲として狙いたいと思います。

 

さて、本命(◎)は⑩ガイアフォース。同条件だったセントライト記念の勝ち馬で後の菊花賞馬を真っ向勝負でねじ伏せた内容は4歳トップクラスに数えて良いパフォーマンスでした。この馬も基本先行馬ですがセントライト記念が中段ぐらいで走れているので激化が予想される先行争いに加わっていくこともないでしょう。自分のリズムで走れれていれば特に問題はありません。菊花賞は最内枠がアダとなりましたが、今回の枠ならそう言う競馬も可能で力を出し切れると思います。また、先行馬らしくない上がり最速キャラでもあって6戦中3戦で最速上がり、2位上がりも2度と末脚も非常に安定しています。前付けしているのに使える脚が速くて長い。競走馬としては最強です。イクイノックスよりキタサンブラック感が出ていると思います。ルメール騎手なら早仕掛けで仕損じることもなく、タメ殺して差し届かずというシーンもないでしょう。キタサンブラック産駒で最初にGⅠを勝つのはこの馬だと思って菊花賞で本命にしましたから、この馬以外に本命を打つ理由が私にはありません。

 

他は④ノースブリッジ⑤バビット⑦スタッドリー⑪エピファニーアリストテレス⑭ラーゴムの6頭を△とします。

 

買い方は◎の単複2点。◎〇▲の馬連・ワイドを箱で3点。◎から△へワイド6点。3連複は◎-〇▲-〇▲△のフォーメション13点。全部で30点です。

 

<印一覧>
◎:⑩ガイアフォース
〇:⑥ユーバーレーベン
▲:⑨エヒト
△:④ノースブリッジ⑤バビット⑦スタッドリー⑪エピファニーアリストテレス⑭ラーゴム

 

東海S(GⅡ)

 

こんにちは。

 

チャンピオンズCが万馬券的中だったし、東京大賞典が4点で的中だったので私は調子に乗ってしまったようです。東海S、これ当てられる気が全然しません。ずっとダート戦をサボって来た私には敷居の高いレースだなぁと登録を見て思いました。さすがに知っている馬がほとんどいませんでした。私は今とても後悔しています。お勧めできるような提案を出来そうにありません。みなさんも参考にするのではなく、あくまで見るだけにしてください。

 

でも、そんな状況でも気になったは馬いました。⑩プロミストウォリアです。

 

その理由は3連勝で騎乗していた騎手が残した結果を比較してみたら面白いなと思ったからです。1勝目の今村騎手(4k減で0.8秒差)と2勝目の角田騎手(2k減で0.3秒差)が残した本馬のパフォーマンスは実質変わらないものだと思います。これに対して、ハンデ戦のトップハンデだった3勝目のムルザバエフ騎手が最もタイム差(1.0秒差)を大きくしているのが面白いですね。相手強化、他馬より重い斤量と条件が最も厳しかったレースが最も強かったのですから。騎手の技量差が如実に表れているなぁと思いました。減量騎手のアンチャンとドイツでリーディングを争う騎手の比較なんてするものではありませんが、乗る人が違えばこんなにも馬は動くんだなぁとつくづく思い知らされました。

 

そのムルザバエフ騎手がこの馬の前走を非常に高く評価していてとにかくベタ褒めです。将来を期待出来る馬と話しています。ムルザバエフ騎手は今小倉を主戦場としていて土曜も小倉にいましたが、この馬の為にわざわざ中京に遠征してきました。これも期待の高さを表すものでしょう。また、それは管理する野中調教師も同様です。まだまだ完成度では劣りますが、逃げの脚質や連勝で東海Sに出走した様が師がかつて管理したインティとダブっているようです。かつての看板馬と同等のポテンシャルを感じていると言います。

 

3度の骨折のため6歳にしてキャリア6戦なので経験不足な面は否めません。でも、逃げ馬なのでハナを取れればそんなに関係ないと思います。時計も1秒ぐらいは詰めなくてはいけないのですが、そこはムルザバエフ騎手が何とかしてくれるでしょう。ホープフルSシンザン記念でも人気薄にそう言う競馬をさせて見事に連対を果たしています。現状こういう馬が一番合っているように思います。ダート戦線は主力が大幅にいなくなっていて、今は新陳代謝の真っ最中です。こういう新星がいきなり結果を残せる状況にあると思います。私の推し馬ハピは賞金的にフェブラリーSに使えないかもしれないので、この馬がその代りを果たしてくれるといいなぁと思いした。その期待も込めてこの馬を本命(◎)にします。

 

相手は次のGⅠを見据えていないここ勝負の⑬ハヤブサナンデクンを〇に、次のGⅠに出走するためにも権利が欲しい⑧サンライズウルスを▲とします。押さえに④ハギノアレグリアス⑪スマッシングハーツの2頭が△。買うべき馬は他にもいそうなんですけど、十分に検証出来た訳でもないので買うほど薮蛇となるかもしれません。だったら、もうこれでいいやと思いました。

 

買い方は◎の単複2点。◎〇▲の馬連を箱で3点。◎〇▲△のワイドを箱で10点。3連複は抜け目が出る可能性が高そうなので今回は買いません。全部で15点です。

 

<印一覧>
◎:⑩プロミストウォリア
〇:⑬ハヤブサナンデクン
▲:⑧サンライズウルス
△:④ハギノアレグリアス⑪スマッシングハーツ

 

京成杯(GⅢ)

 

こんにちは。

 

逃げるだろうグラニットは2000mが初距離。大逃げしたサウジRCの様な博打が打てる状況ではないと思います。距離延長を意識してペースを緩めることもあると思います。楽に先手が取れそうな組み合わせですから急かして行く必要もないでしょうし、少頭数も手伝ってペースは早々に落ち着いてしまうと思います。また、大逃げを打った馬のドスロー展開はギャップも大きく面白いと思います。この展開想定からすると有利になりそうなのはイン前で運べる馬とヨーイドンの競馬に対応出来る瞬発力のあるタイプ。ここが今回のテーマになるだろうと考えました。

 

2つのテーマを兼ね備えているのが②シーウィザードだと思います。スローの決め手比べで出世して来た馬で切れ味勝負の新潟2歳Sでも3着と走った馬です。このコースも走り慣れていて立ち回りも非常に上手い。2番枠を生かして好位をキープして直線を向いてくれるでしょう。今回はハマりそうだなと思いました。久々を叩いた事でガスが抜けたと厩舎も話しておりますし、ホープフルSよりもリラックスして周回してこれるでしょう。そうすれば最後に一脚使ってくれると思います。逆に、ホープフルSで②ウィザードに先着している⑦セブンマジシャンは折り合いを気にしたコメントが目立っていました。ルメール騎手は何とか出来るだろうと考えているそうなのですが、前走よりもスローになる可能性もあるので言うほど楽ではないかもしれません。折り合い重視になって後方待機なんかもあるんじゃないかと思います。そうなってしまうと位置取りの不利を覆すのは簡単ではありません。よって、ここは評価を逆転させることにしました。②ウィザードを対抗(〇)として、⑦マジシャンを▲ととします。

 

新馬戦のレース内容が物足りなかったのでとても迷いましたが④ソールオリエンスを本命で行きたいと思います。管理している手塚厩舎はホープフルS3着だったキングズレインも管理していますが、これと比較すると④オリエンスの方が上の評価をしているそうです。話の感じだと断然コッチの方が良いという感じでGⅠ戦線を強く意識しています。キングズを物差しに利用すれば②ウィザードや⑦マジシャンより上でも良いんじゃないの?と思いました。前走で出負けしていたのでスタートの不安は残りますが、ペースが遅ければリカバーも楽にできるので特に気にしていません。横山武騎手なら良い位置取りをちゃんとキープしてくれると思います。後は流れに乗って競馬をしてくれるだけで、そうなれば新馬戦の様な決め手を発揮してくれるだろうと思います。前走後はすぐにこのレースを目標にする事が決まりました。外厩に出さずに厩舎でしっかりと調整されているので仕上げも上手くいっているようです。未知な面も大きいですが、ここは素質に期待します。しっかりと勝ち切って頂きたい。

 

他は③オメガリッチマン⑤シルヴァーデューク⑦セブンマジシャン⑧グラニット⑨シャンパンカラーの4頭を△とします。

 

買い方は◎の単複2点。◎〇▲の馬連・ワイドを箱で3点×2で6点。◎から△へワイド4点。◎〇-◎〇▲-〇▲△の3連複フォーメション13点。全部で25点になります。

 

<印一覧>
◎:④ソールオリエンス
〇:②シーウィザード
▲:⑦セブンマジシャン
△:③オメガリッチマン⑤シルヴァーデューク⑧グラニット⑨シャンパンカラー

 

日経新春杯(GⅡ)

 

こんにちは。

 

中京2200mは重賞設定の無いコースでしたが、京都競馬場の代替開催やそれに伴う変則日程により京都新聞杯神戸新聞杯、そしてこの日経新春杯とここ数年で度々重賞が行われるコースとなっていました。しかし、春には京都競馬場が新装OPとなりますので開催スケジュールが従来のものに戻ります。中京2200mで行われる重賞競走もこれで終了です。

 

当初は求められる適性や傾向等が分かりづらく当たったり、負けたりと私も苦労させられましたが、ここに来てようやくはっきりとした傾向を確認出来るようになりました。私も指摘されて気付いたのですが、この条件で行われた重賞(7鞍)は上がり1位の複勝率が100%で、上がり2位の複勝率が100%になっています。また、上がり1・2位の勝率を足すと勝率が100%となります。つまり、この2頭のワンツー決着、もしくは1・3着でしか決まっていないというのが中京2200mの真実なのです。これは滅多にお目にかかれないほどの鉄板法則だと思います。そんなものが最後の最後にわかるなんて今更ですが、最後の中京2200m重賞はこの法則に則り予想していきたいと思います。

 

ざっくりとですが上がり最速キャラがはっきりとしているのは③ロバートソンキー、⑧ヴェローナシチー、⑥ダンディズムです。この3頭は晴れ雨兼用と考えて良さそうです。また、良馬場限定なら①ヤマニンゼスト、道悪で上位上がりが目立つのが④ハヤヤッコ⑭サンレイポケットと言う感じでした。これらを踏まえまして、◎を③ロバートソンキー、〇を⑧ヴェローナシチー、▲を④ハヤヤッコとしたいと思います。

 

◎の③ロバートソンはここまでの11戦で7度の最速上がりを記録していて、他に2位上がりが1度、3位上がりが1度となっています。末脚が3位以内に入らなかったのは菊花賞天皇賞(春)のGⅠ競走だけ。GⅡまでなら常に上位上がり濃厚な1頭です。加えて、中京では3戦して2勝3着1回の複勝圏パーフェクト。さらに、ここまで良馬場を走った経験は4度しかなく、競走成績のほとんどが道悪となっています。中京2200mでは不良馬場で最速上がりを記録したこともあります。また、2200mは【2・1・1・0】と走り慣れていてハズレがありません。コース巧者に、距離巧者、そして道悪巧者でもあり、末脚適性も満たしています。条件がこれほど揃っている馬を本命以外のどこで買えと言うのでしょうか?ここは不動で良いと思います。

 

〇の⑧ヴェローナは道悪経験が少々弱いのですが上がりのかかる展開で強い所があるのでタフさへの耐久性は期待していいと思います。相変わらずの1勝馬で前走は3勝クラスも2着と勝ち味の遅さは変わりません。ですが、そのおかげで54kで出走できるのは僥倖でしょう。力は通じて良いものがありますし、斤量差が勝ち味の遅さを補ってくれるかもしれません。日経新春杯で待望の2勝目となっても良いかなと思います。

 

▲の④ヤッコは稍重だった日経賞で最速上がり、洋芝で力のいる札幌記念で最速上がりを記録しました。これらは馬券圏外でしたけど、優勝した重馬場の函館記念では3位上がりを記録していました。時計がかかるタフな条件で上位の末脚を使えている点が面白いなと思いました。さすが元ダート馬です。土曜の道悪が残れば狙える馬でしょう。斤量が重いのは気になりますが、それは他の馬も同じなので気にする必要はないと思いました。

 

他は上記で最速上がり候補に挙がった①ヤマニンゼスト⑥ダンディズム⑭サンレイポケットに上位人気の②ヴェルトライゼンデ⑫プラダリアの2頭を加えた5頭を△とします。

 

⑥ダンディは13番人気でさすがに厳しいだろうなぁと思いつつ、一昨年のミスマンマミーアがやはり13番人気から最速上がりで2着しました。当時はなんでミスマンマ?って思いましたけどその理由はもうはっきりとしました。同キャラ同人気の⑥ダンディは買って面白と思います。目黒記念中日新聞杯では良いところまで追い込んでいましたのでハンデ戦なら奇跡が起きても良いと思います。

 

買い方は◎の単複2点。◎〇▲の馬連・ワイドを3点づつ×2で6点。◎から△へワイド5点。◎〇-◎〇▲-◎〇▲△の3連複フォーメション16点。全部で29点です。

 

<印一覧>
◎:③ロバートソンキー
〇:⑧ヴェローナシチー
▲:④ハヤヤッコ
△:①ヤマニンゼスト②ヴェルトライゼンデ⑥ダンディズム⑫プラダリア⑭サンレイポケット

 

フェアリーS(GⅢ)

 

こんにちは。

 

5日のジュニアCが1:33.7。7日のニューイヤーSが1:33.2。8日の若潮S(3勝クラス)が1:32.7。これらはいずれも前年より時計が速くなっています。厳冬期の中山は力のいる馬場になるという前提が崩れているようです。それが影響したのかこの3戦の逃げ馬は2勝2着1回と連対率100%と言う驚異的な傾向を発現させています。中京程ではないんですが中山も年始からクッション値が高くなっていて3日開催はすべて9.8と堅い分類に入る10を僅かに下回る程度です。加えてCコースになっていますので逃げ馬に有利な状況となっているようです。差しも決まり始めていますが総じてイン前有利な感じになっています。

 

今回の逃げ候補は行けるだけ行ってくれの指示が出ている③マイレーヌになると思われます。この馬の好走パターンは消耗戦で後続を疲弊させて逃げ粘りを図るものです。この馬が行くとしんどい展開になると考えられます。また、スタートが決まれば⑨エナジーチャイムも行く可能性があります。そうなるとよりシビアで厳しい流れになるかもしれません。イン枠を取った馬でも距離適性が無かったり、地力が弱かったりする馬は馬場の恩恵を生かせないと思います。地力に秀でた馬や素質馬が台頭しやすくなる考えられます。

 

以上を踏まえまして、出世レースになりつつあるレースの傾向も加味したら⑤ヒップホップソウルと⑧イコノスタシスの2頭を中心にするのが良いと思いました。

 

今回は⑤ヒップホップの方を上に取りたいと思います。なんでも、馬はまだ全然デキ上がっていないそうで良くなる余地を多分に残しています。しかし、そんな状態の近2走が十分強い内容です。現時点の完成度が無くてもこれだけ走れていれば今回はそれで良いと思います。自在性を発揮して強い勝ち方をした中山マイルなら大きく崩れないと思います。最低でも2着して賞金加算はしておきたいところです。未完成でも大きいところを期待したくなるようなレースをして欲しいと思います。不安材料があるとしたら重賞で弱い松山騎手が鞍上であることでしょう。最近ちょっと勝負弱い。でも、乗り難しい馬でもあるようなので新馬戦から跨ってクセを把握しているこの騎手が⑤ヒップホップには必要です。松山騎手もこの馬の為に東に遠征してきたのですから手ぶらで帰らないで欲しいと思います。

 

それにしても、社台Rの布陣は今とても強力ですね、シンザン記念をライトクオンタムで勝ち、ここも有力候補の2頭出し。来週の京成杯も1番人気に支持されそうな馬をスタンバイしています。年明けの3歳重賞3連勝もあるのではないかと見ています。

 

関係者からの期待も高い⑧イコノスが対抗(〇)です。2・3走目で騎乗していたルメール騎手が⑨エナジーチャイムに騎乗しているのは気になりますが、初勝利に導いたレーン騎手はナイスホースと高い評価をしていました。今最もアテになるのはレーン騎手の評価です。この人の言う事には嘘がありませんし、かつあらゆるしがらみから解放されていますので忖度も無い。この方がナイスな馬と言うのなら素質馬として扱って良いものでしょう。⑤ヒップホップが走ったベコニア賞と同日同条件の未勝利を0.2秒速い時計で駆けているのがその証明です。これとて最後はレーン騎手が手綱を押さえての楽勝でした。追えば時計差はさらに大きくなっていたでしょう。そんな2頭のオッズ差は7.5倍前後も離れています。1番人気と劣らない7番人気なんてお買い得です。⑤ヒップホップは完成度で劣りますし、経験値ではこちらが上で1800mでそこそこやれていたこともプラスになるでしょう。スタートが不安定なのでちゃんと出てくれればですが、それが出来たら勝ち負けもあるのではないかと思います。

 

3番手の▲には⑥ミシシッピテソーロ。意外でしたが、前走阪神JF組で馬券になったのは10年前に3着したサンブルエミューズが最後で【0・0・1・9】と言う成績でした。ただ、近4年は出走馬ゼロで出走数が少なく、出走した10頭ではサンブルエミューズの8着が最高でほとんどが10着以下の馬ばかりでした。5年ぶりの出走となり、掲示板に載った本馬はかなり特別な存在と言えるでしょう。上がりが速くならないレースなら阪神JFの様に末脚もしっかりと使えます。インで脚を溜めて直線だけ外へ出せたら面白いと思います。

 

穴候補として☆印を回したい馬がいます。④アンタノバラードです。中山の牝馬重賞でやたらと強い⑩ディヴァージオンのデムーロ騎手を押す声が凄い多いんですけど、中山コースの適性なら田辺騎手も劣らないと思います。辛口で有名なこの方が京王杯2歳S10着だった馬に良い馬だねと言っているのですからやはり悪い馬でないはずです。だから、今回も連続騎乗しているのでしょう。中距離でもそこそこ行けた馬ですし、2走前の中山マイルもいい勝ち方でした。枠も良いし面白いのではないかと思います。

 

△には③マイレーヌ⑦ディナトセレーネ⑨エナジーチャイム⑩ディヴァージオン⑭キタウイングの5頭を上げておきます。

 

買い方は◎の単複2点。◎〇▲の馬連・ワイドを箱で3点×2で6点。☆から◎〇▲へワイド3点。◎から△へワイド5点。3連複は◎-〇▲-〇▲☆△のフォーメション13点。全部で26点です。

 

<印一覧>
◎:⑤ヒップホップソウル
〇:⑧イコノスタシス
▲:⑥ミシシッピテソーロ
△:③マイレーヌ④アンタノバラード⑦ディナトセレーネ⑨エナジーチャイム⑩ディヴァージオン⑭キタウイング

 

シンザン記念(GⅢ)

 

こんにちは。

 

登録16頭がどうしてこんなに減るんでしょうか?7頭立てだと逆に買い方が難しくなった気がします。新年一発目で狙っていた重賞でしたがそうもいかなくなりました。火傷しない程度に行きたいと思います。

 

それにしても、中京競馬場は時計が速いですね。この時期なのにクッション値が10を超えていて馬場は堅く、時計の出やすい状況です。5日の金杯では1分32秒台でしたし、7日の3歳未勝利ではマテンロウオリオンが勝った昨年のシンザン記念の勝ち時計より速い時計で決着しています。開幕間もない年始の中京は例年イン前有利なコース設定ですけど今年はそれに加えて時計も出やすいのが特徴であるようです。

 

こういう状況だと、前にいるだけでは無くスピードに秀でた馬がより有利と言うことになると思います。スピード要素を重視すると最上位に扱うべきは⑦ペースセッティングではないでしょうか?未勝利勝ちが小倉2歳Sより速い時計で勝ちました。また、この時に負かした2着ビッグシーザーは次走でレコード勝ちしていて、現在1200mで3連勝中のスピードタイプです。こういう馬をスピードで圧倒して来た本馬のスピード性能も推して知るべしでしょう。近2走が決め手を発揮出来ずに負けていることから積極的なレースプランを模索中の様ですしこの馬が逃げる可能性もあります。そうなると、今回の馬場バイアスの恩恵を最も受ける事が出来ると思います。確かに距離不安はありますが、一昨年の勝ち馬ピクシーナイトも最終的にはスプリンターであった訳ですし、この時期なら厳密的な距離適性は重視しなくてもいでしょう。今の馬場ならマイルもギリギリこなせると思いますし、足りない部分はムルザバエフ騎手が押し込んでくれるかもしれません。以上の事から⑦ベースセを穴馬(▲)として指名したいと思います。7頭立てでは極端な穴馬まで手を拡げられませんから4番人気のこの馬の頑張りで配当が微増してくれるといいのですが。

 

主軸には1・2番人気の②ライトクオンタムと⑤クファシルの2頭で良いと思います。どちらも前走逃げ切り勝ちですから本日のバイアスに合致しています。本命(◎)は好時計を楽々と記録しまだ余裕すらあった②クオンタムにします。純粋にマイルの持ち時計がNO1です。と、申しましてもマイル経験のある馬は過半数に満たないので説得力はないんですが。それでも、高速馬場の府中でのパフォーマンスだったことが馬場の堅い中京コースにマッチしていると思います。2番枠も良いので、2走目のポカでもない限り3着以内は外さないと思います。対抗(〇)に⑤クファ。新馬戦は物足りない感じでしたがどうも太目を残していたようです。だからムーア騎手もあれだけ押していたのでしょう。絞れてキレ味が出て来たそうなので1度使った上積みは大きそうです。鞍上もイーガン騎手なら戦力ダウンになりません。また、今回から差しに回るようなのですが、前付けして脚が使えるなら逆転勝利も十分です。

 

残りは△ですが、①サンライズピース④トーホウガレオン③スズカダブル。この3頭はこの条件が向いている可能性があるので。結局、1頭しか消していませんがこの頭数なら仕方ない。▲⑦ベースセが距離の壁に泣いた時には出番がある訳なので押さえもしっかり。

 

買い方は◎の単複2点。◎〇▲の馬連・ワイドを箱で3点づつ×2で6点。◎から△へワイド3点。三連複は◎〇-◎〇-▲△の2頭軸流し5点。全部で16点です。

 

<印一覧>

◎:②ライトクオンタム
〇:⑤クファシル
▲:⑦ペースセッティング
△:①サンライズピース④トーホウガレオン③スズカダブル

 

 

▼10月~12月の回収率は110.3%でした。

月毎に予想をまとめていますので参考の目安になればと思って、今後掲載していきます。資金配分まで公開するつもりはないので実際はそんな事もないんですが計算や表示方法の関係で単複も含めた全点を均一で計算するとこうなります。

 

ホープフルステークス(GⅠ) 出走馬カルテ②

 

こんにちは。

 

>GⅠ昇格以降は1・2・3・4・8番人気の馬しか馬券絡みをしていません。数字合わせで予想すれば出走数がいくらあってもこの5頭のチョイスで完全的中間違いなし。

 

これは昨年のメインページで話した内容をコピペしたものです。なんとなく覚えてらっしゃる方もいるでしょうが、昨年の結果がこの予言通りに決まっていた事を把握している人はいないでしょう。

 

1着:キラーアビリティ(2番人気)
2着:ジャスティンパレス(4番人気)
3着:ラーグルフ(8番人気)

 

ほら、この通り。8番人気のラーグルフとか凄いと思いませんか?5頭で箱買いしておけば3連複は10点で7,680円、3連単なら60点で27,610円。儲けを十分確保できる配当でした。機会がなかったのでしませんでしたが、レース後すぐに自慢したくて堪らなかったのです。こんな予想をしなくてもちゃんと全券種で当たりましたが、昨年はこの予言が的中した事の方がうれしかったですね。さて、今年はどんな結果になるのでしょう?

 

なお、フルゲート18頭に対し19頭だが、既に回避馬が出ているので全馬出走可能になっています。今年は珍しく中距離重賞の東京スポーツ杯2歳S京都2歳Sの上位馬がほとんど出走して来ました。まずはレース毎に更新していく事にして、2勝馬、1勝馬の順で更新していきます。レースは28日(水)なので前日の27日(火)には更新を完了します。ページが長くなるようなら1ページ10000文字を目安に2枚、3枚と増やしていきます。

 

予想案は各ページの最下部にある専用ページにまとめてあります。ブログカードを貼っておきますのでそちらをご覧ください。

 

12/26追記:ページ上段の前説部分は同じものを転用しています。①②の行き来はページにブログカードを貼っておきますのでそちらから移動されて下さい▼

 

◆2勝馬

 

セブンマジシャン

 

中山1800mを新馬勝ちし、阪神2000mの黄菊賞を連勝して2戦2勝の無敗馬。コーナー4つの1周条件での経験値が豊富で内容も悪くない。新馬戦はスローペースで、2戦目は重馬場で勝ち時計が遅い。時計が速くなった時にどうかはわからない。ただ、レース振りには幅がある。新馬戦は先行2番手から上がり最速で2馬身半の完勝、2戦目は最後方から進めて上がり最速で1馬身1/4で完勝。前から後ろからと真逆の位置取りから最高のパフォーマンスを引き出せる自在性は良い。操縦性も高そうなのでどんな競馬でも出来ると思う。どんな展開でも流れに乗って自身の力は発揮してくるだろう。持ち時計がなく数字的な裏付けがないので地力の程が読みにくいから評価には困るところ。それでも無印で構わない馬ではないと思う。ネガティブな印象は全く無いので良馬場でどこまでパフォーマンスを上げられるかによる。タイトな展開の経験がないのでこの点は未知数だが、前走は道悪で脚が使えているので体力はありそう。キツい負荷にも耐えられるのではないか?一気に抜け出せる決め手もあり直線の短いコースにもちゃんと対応していて条件的な不安材料はない。

 

ファントムシーフ

 

6月の阪神マイル戦を新馬勝ち。2着馬を交わすのに手間取った感はあるが、スタートが良くなかったこと、大外枠から先行したことなど、2着馬よりも余計な力を使ってのものなので悪くない。交わしてからは抜けきっているので力は違っていた印象。2戦目は9月まで空き中京2000mの野路菊S。今回は良いスタートを決めてインポケの3番手を楽に追走していた。1000m通過61.4秒は2歳戦ならスローとは言えず、ペースは流れた方だと思う。それで後半に2.6秒も速くなっているのでレース内容は悪くない。特別高いレース内容ではないが標準以上には走れていて、走破時計2:00.2も評価出来る時計だと思う。この時も2着馬を交わすのに手間取るのだが、これは鞍上が持ったままで突き抜けたいという見栄が影響したのだと思う。鞭が入ってからはしっかりと抜け出し2馬身差をつけて完勝している。2歳馬が2000mのレースで33.5秒の脚を使うのも凄いと思う。この条件ではあまり目にする事が無い切れ味を使えている。これだけの末脚を引き出せるのだから馬にはまだ余裕があったのだろう。追えばしっかりと伸びる馬であるようだ。油断なく乗れば脚は使ってくれるだろう。この時の4着馬が京都2歳S2着のトップナイフ。ファントムからは8馬身差であった。上がりの競馬のみの戦績なので持続戦でどうかの不安はあるが、ここまで本気で追っている感じが無いのでパフォーマンスはまだ上げられる。立ち回りは上手く、最終コーナーでの反応も良い。気性に難しい面もないので乗り方にも注文はつかないだろう。評価は高めの方が良いと思う。

 

ミッキーカプチーノ

 

10月の府中2000mを新馬勝ちする。後半に3.1秒も加速したスローの競馬だったが、勝ち時計はそう悪いものではない。上がりの競馬なのでレース内容は単調だが、2・3着馬は次走あっさり勝ち上がっており、その3着馬が京都2歳Sを勝ったグリューネグリーン。負かした相手は上等である。1枠1番から好発を決め手インの3番手でレースの流れに乗る。常にスムーズなレース運びで競馬センスを感じさせた。鞭を使わずに相手に合わせて追っただけと言う内容。これで最速上がりである。本気を出さずして勝った感じだった。12月に中山2000mの葉牡丹賞を勝ち2戦2勝となる。GⅠと同じ舞台で勝ち上がった点が有利であることは言うまでもないが、フルゲート18頭だったのも本番を想定した時にかなり有利になる。しかも、1:59.1の好時計。この時点でこの時計で走れてしまうのはかなり凄い。そして、またまたノーステッキである。坂を上ってから一頭だけ突き抜けて3馬身半の圧勝。勝負所で押っ付けていた感じはあったが、本気で追っているような感じでは無く、最後は流していた。他馬とは力が違うパフォーマンスだった。また、この時はダッシュ付かずに出負けして中段から運ぶ事になった。新馬戦とは違う形で勝てたことも大きい。多頭数の馬群の中でも普通に立ち回れており、気性の難しそうなとこも無い。この時計で走れている時点で持続性の高さは伝わるし、追ってからの反応も良い。葉牡丹賞は収穫の多いレースであった。気になるのは鞭が入って本気で終われた時にどれだけ強いのかと言うことぐらい。これは有力な1頭になる。

 

モンドプリューム

 

デビューして芝を3戦して勝ち上がれず、ダートに転向して直ぐに勝ち上がった。芝戦は【0・1・0・2】で、砂戦が【2・1・0・0】と言う成績。芝戦時を振り返るとこなせていた方で全くダメと言う走りはしていなかった。ただ、やはりスピードの要求値が上がったところで遅れを取ったり、速い上がりに対応しきれずに負けたという感じが強い。芝戦では取れて中段ぐらいのポジションだったが、ダート戦では先行2・3番手に落ち着けている。これも速さが要求されていないので追走が楽になっているからだろうと思われる。芝戦では出来なかった事が砂戦で出来ている点はやはり印象を悪くする。ホープフルSもペースが遅く、上がりがかからない展開になればやれるのかもしれないが。しかし、ダート戦の内容を精査しているとやはり地力が高いようには思えない。勝った2勝はスローペースで楽に行けていたもので、2着に負けた時はハイペースで伸びを欠き7馬身差と圧倒的に負けている。地力の問われるな展開で弱味を見せているのでGⅠでは普通に物足りない。力関係から行って相当厳しいのではないか?6戦消化の馬で上がり目も期待出来そうにないし、ここで推せる材料はない。ちなみに6戦中5戦の手綱を取った三浦騎手は当然の様にガストリックに騎乗している。

 

◆1勝馬

 

ジェイパームス

 

府中の2000mを新馬勝ち。好発を決めて序盤はハナにたっていた。活きたい馬を行かせて2・3番手を馬なりで進む。ペースは新馬戦らしく遅いもので時計的な価値は薄いが、レース振りには見どころがあった。本馬はラスト1F標手前まで持ったまま。たいして追わずに先頭に立てた立ち回りは印象が良い。周りの馬は激しく手を動かしていたがこの馬だけが楽々と直線を走っていた。追い始めてからはワンサイドで後続を一気に突き放し3馬身差の快勝。ラスト3Fは加速ラップだった。追ったのは正味100mぐらいで流して勝った印象でスケールを感じさせた。ただ、2着以下が数戦を済ませて勝ち上がれていないので、相手が弱かった可能性もありこのパフォーマンスは鵜呑みに出来ないところでもある。こちらも本気を出さずに走っただけに評価を低くする必要は今はないのだが、その判断は難しい。良い馬である可能性もあるので2戦目で大きな変わり身を見せることもあるからこの1戦だけ評価を定める事は出来ない。

 

ジュンツバメガエシ

 

札幌2000mの新馬戦2着→阪神2000mの未勝利1着。ホープフルSが行われる中山2000mに近い形状のレースばかりを走って来た点は良い。立ち回りや折り合いなども問題が無く、レースでもちゃんと動けている。出遅れた前走はラチ沿いから器用に立ち回っていて機動力のある走りも見せている。レース振りの印象も良い。どちらもスローの競馬なので時計的な価値は見いだせない。遅い展開から繰り出された末脚も並みであり、脚のスケールは弱いように思う。3角過ぎには動き出している馬で脚は使い切っていたと思うので脚力が高いようには思えない。このペースならもっと速い上がりで突き抜けていないと重賞級という事は言えない。今は相手なりな評価が妥当と思うのでGⅠでどうか?私見だが、ジュンはジュンでも芝を走っていた2歳時のライトボルトや、ダノンザキッド、タイトルホルダーといい勝負をしたブルースカイの2歳時の方が上だと思う。

 

スカパラダイス

 

小倉2000mの新馬戦を勝ち上がったが今村騎手の4k減で勝ち上がったとしか思えない。中央場所のOPを2戦したが定量戦で木端微塵。とにかくスピードが無い。2戦目の野路菊Sでは出遅れたのもあるが、2F目で10秒台の速いラップが刻まれるとついて行けずにスタンド前で早くも10馬身ぐらい置かれてしまった。3走目のエリカ賞は発馬後の位置取りは悪くなかったが、やはり途中でついて行けなくなり自然と位置取りが下がってしまう。この間も騎手は追い通しなのだがポジションキープが出来ていない。2000mを3戦したが全て2分02秒台の走破時計。それでも徐々に時計は詰まっているのだが、ホープフルSはだいたい2分01秒台の決着になるので、この時計で決め手を発揮するのは不可能だと思う。OP2戦は1.9秒差、1.3秒差とタイム差を大きくすて負けており全く通用していない。レースの流れに乗ることも難しそうな現状では評価ゼロが妥当な線。今村騎手は馬に才能を感じているというがなんでそんな事を言うのかおじさんにはよくわからないや。多分、JRAにいる限り2勝目はないと思う。

 

セレンディピティ

 

阪神2000mを2戦して2着、1着。新馬戦では序盤からうるさい感じが出ていて折り合いに苦労していた。クビも高い走りで幼さの目立つレースだった。ただ、64.0秒のスロー競馬だったので行きたがる面が出たのも仕方ないと思う。向こう正面では収まりはついていたので手が付けられないようなクセ馬ではない。ラストは上がりので競馬だったの3角過ぎから加速していくが本馬はその流れにスムーズに乗れていて、持ったままで直線で先頭に立つなど勝負所の振る舞いは印象が良かった。このレースは勝ち馬が強すぎただけで次戦で勝ち上がる3着馬を封じて2着死守の走りは悪くなかったと思う。1ケ月空けて2戦目に勝ちあがった。このレースでのパフォーマンスはとても高い。3F目から9F目まで徐々に加速していき、レース全体が加速ラップのような長区間の持続戦。そんなレースを出遅れてしまった本馬は後方2番手からのレース運び。展開的には不利位置だ。ペースが全く緩まないので位置取りを上げるのが難しい展開だが、ラスト5F前からこの馬は動いて行く。加速区間中に徐々にポジションを上げていけるのだから他馬とは機動力が何枚も上。この馬の持続性能は相当高い。結局、持ったままで4角で先頭に並びかけ、追い出したら4馬身差の圧勝。鞭も使わずにこの内容は圧巻。今回はGⅠなので人気は上がらないかもしれないが、この未勝利勝ちの内容ならGⅢやOP特別なら1番人気になるのではないか?今回の1勝馬の中では断トツに強いと思う。輸送が問題ないようならここでも印は必用だと思う。なお、気性の難しさを出していた新馬戦だったが2走目にはブリンカーが装着されていたので集中出来ていたようだった。

 

ボーンイングランデ

 

11月の福島2000mを新馬勝ち。五分のスタートから出たなりで中位のポジション。折り合いを欠くことなく、器用に立ち回れている。超スロー競馬だったのでラスト1000mから急加速していくレースだった。本馬は真っ先に動き出して行き、タラタラ走っている先行集団を一気に交わしてラスト4F標のところではハナに立つ。スピードに乗った惰性を生かしてそのまま緩めずゴールまで走り切った。本馬の動きに併せて後続も動き出すが影も踏ませず、ラスト2Fを加速ラップでつきぬけて圧勝する。見た目のイメージはとても良く、自在性や機動力のある走りには好感が持てる。レース振りは非常に良かった。ただ、時計的な価値は非常に薄い。前後半は64.2秒-60.5秒の展開。前半がこれだけ遅いなら後半1000mはせめて60.0秒は切って欲しいところ。長く脚を使った点は褒められるが、スピードの持続力としては並みの域。東スポの4着馬とか、京都2歳の勝ち馬が相手だったらマクれていなかったと思う。本馬自体の走りは良かったが、2着以下の馬は次走で着を落としいる馬も多く、走った相手も弱かったかもしれない。スピードの裏付けがないので評価するのが難しい。

 

ホープフルSの予想案はこちら▼